福井県連

 

福井県リズムダンス連盟 規約

 

第1章 総 則

 

第1条(名称)

本会は、福井県リズムダンス連盟(以下、本連盟という)と称する。

 

第2条(事務局)

本連盟の事務局は、福井県内に置く。

 

第3条(目的)

本連盟は、リズムダンスを福井県内及び国内外で普及促進するための事業を通じて、人々の心身の健全な発達に寄与すること及び人材の育成を図り、もってスポーツの振興、国際相互理解の促進に貢献することを目的とする。

 

第2章 会 員

 

第4条(種別)

本連盟の会員は、次の2種とする。

(1)正会員  本連盟の目的に賛同して入会した個人又は団体

(2)賛助会員 本連盟の事業を賛助するために入会した個人又は団体

 

第5条(入会)

会員として入会しようとする者は、理事会が別に定める入会申込書により申し込みをし、役員会の承認を受けなければならない。

 

第6条(入会金及び会費)

会員は理事会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

 

第7条(退会)

会員は理事会が別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。ただし、退会の1か月以上前に、本連盟に対して退会の旨の予告をするものとする。

2.会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1)会費の納入が継続して1年以上されなかったとき

(2)当該会員が死亡し若しくは失踪宣告を受け、又は解散したとき

 

第8条(除名)

会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、総会の特別決議によって当該会員を除名することができる。

(1)本規約その他の規則に違反したとき

(2)本連盟の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき

(3)その他の除名すべき正当な事由があるとき

 

第3章 総 会

 

第9条(構成)

本連盟の総会は、正会員をもって構成する。

2.総会における議決権は、正会員1名につき1個とする。

 

第10条(開催)

本連盟の総会は、毎年1回、毎事業年度の終了後3か月以内に開催し、必要がある場合に臨時総会を開催することができる。

 

第11条(招集)

本連盟の開催は、理事会がこれを決定し、会長が招集する。

 

第12条(議長)

本連盟の総会の議長は、会長がこれに当たる。会長に事故等による支障があるときは、その社員総会において、出席した正会員の中から議長を選出する。

 

第13条(決議)

本連盟の社員総会の決議は、総正会員の議決権の過半数を有する正会員が出席し、出席した正会員の議決権の過半数をもって行う。

2.前項の規定にかかわらず、次の決議は特別決議として、総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う。

(1)会員の除名

(2)監事の解任

(3)定款の変更

(4)事業の全部又は一部の譲渡

(5)解散

 

第4章 役 員

第14条(役員)

本連盟に、次の役員を置く。

(1)理事 3名以上

(2)監事 1名以上

2.理事のうちから代表理事1名を定め、代表理事をもって会長とする。

3.理事のうち複数名を副会長とすることができる。

 

第15条(選任等)

理事及び監事は、総会の決議によって社員の中から選任する。ただし、必要があるときは、社員以外の者から選任することを妨げない。

2.会長、副会長は、理事会の決議によって理事の中から定める。

3.監事は、本連盟又はその子法人の、理事又は使用人を兼ねることができない。

4.理事のうち、理事のいずれか1名とその配偶者又は3親等以内の親族その他特別の関係にある者の合計数は、理事総数の3分の1を超えてはならない。監事についても、同様とする。

 

第16条(任期)

理事及び監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する総会の終結時までとし、再任を妨げない。

2.増員により、または補欠として選任された理事及び監事の任期は、他の在任者又は前任者の任期の満了する時までとする。

3.役員は、辞任又は任期満了後において、第14条第1項に定める定数を欠くに至った場合には、新たに選任される者が就任するまでは、その職務を行う権利義務を有する。

 

第17条(解任)

役員は、総会の決議のよって解任することができる。ただし、監事を解任する場合は、

総会員の半数以上であって、総会員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければならない。

 

第18条(報酬)

役員の報酬、賞与その他の職務執行の対価として本連盟から受け取る財産上の利益は、総会の決議によって定める。

 

第5章 理事会

 

第19条(構成)

本連盟は、理事会を置く。

2.理事会はすべての理事をもって構成する。

 

第20条(権限)

理事会は、次の職務を行う。

(1)総会の日時及び場所並びに議事に付すべき事項の決定

(2)規則の制定、変更及び廃止に関する事項

(3)本連盟の業務執行の決定

(4)理事の職務執行の監督

(5)会長、副会長の選定及び解職

 

第21条(招集)

理事会は会長が招集する。

2.会長が欠けたとき又は会長に事故等があるときは、各理事が理事会を招集する。

 

第22条(決議)

理事会の決議は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。

第6章 計 算

 

第23条(事業年度)

本連盟の事業年度は、毎年3月1日に始まり翌年2月末日に終わる。

 

第24条(事業計画及び予算)

本連盟の事業計画及び収支予算については、会長が作成し、理事会の決議を経て総会の承認を受けなければならない。

2.事業年度開始時までに予算が成立しないときは、理事会の決議に基づき、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入を得又は支出することができる。

 

第25条(事業報告及び決算)

本連盟の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、会長が作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を経て、総会の承認を受けなければならない。

第26条(余剰金の分配の禁止)

本連盟の余剰金は、これを一切分配してはならない。

第7章 附 則

 

第27条(最初の事業年度)

本連盟の初年度の事業年度は、平成29年3月1日から平成30年2月末日までとする。

 

第28条(その他)

本規約に定めのない事項は、関連する法令に従い理事会にて協議する。

 

 

福井県リズムダンス連盟 役員名簿

 

理事長(会長) 山本 拓 衆議院議員
理事 小竹英雄 福井県体育協会副会長
理事 後藤詩律子 自由民主党 福井県支部連合会 女性部長
理事 兼 事務局長 木下喜美 アクアスポーツ株式会社 常務取締役